スタイリストの皆さん

知らない・出来ないは悪ですよ。

あなたは数多くの試験をクリアして、スタイリストとしてお客様から料金をいただいてお仕事をしているのでしょう。

スタイリストになったということは、お客様に対して全責任を負うということ。

髪の毛に対して、美容のお仕事に対して知らないことはないですか??出来ないことはないですか??

知っているふり、出来てるつもりではないですか??

私が初めて担当させて頂くお客様の、初めて知った・初めて聞いたということがなんと多いことか。

もちろん、そのお客様は私のところに来るのが人生初めての美容室ではありません。

それどころか、前の美容室で正反対のことを言われたとおっしゃる始末。

説明されず、お客様の髪の毛はこうなんです的なことを言われて、そうなんだと思っていたそうです。

プロの言うことなので信じていたそうです。

教わったまま、人から聞いたままお客様に提供しているのでは…

教わった事、人から聞いた事は自分の中で一度飲み込んで勉強し噛み砕いてお客様に提供するべきです。

勉強し、試行錯誤して自分の経験で・知識でお客様に接する事が何よりも伝わります。

また聞きのような、他人の知識は支離滅裂でぼろが出ます。

結果、信用をなくしてしまうことになるのです。

気をつけたいですね。