b0a9b6301dbc6c0ac8cdeb758f27e9ab_mお客様、先輩、後輩、取引先いろんな人間関係があります。

お店の上の人とお話をさせていただくと、度々こういう方にお会いします。

「舐められたくない…」

確かに自分を持って、しっかりとしたお考えがあるのかもしれません。
しかし、その「舐められたくない…」って見え見えですよ。
虚勢を張って、周りよりも大きく見せようとしても
逆に器の小さな人に見えてしまいます。

ことわざでは「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉があります。

意味は、稲が実を熟すほど穂が垂れ下がるように、人間も学問や徳が深まるにつれ謙虚になり、小人物ほど尊大に振る舞うものだということ

このことわざに表されるように、人は偉くなればなるほど謙虚であるべきなのです。

自分の立場を勘違いしてふんぞり返ってはいないですか??

相手に虚勢をはっていないですか??

どんな時も謙虚に人に親切に接していきたいものですね。