この数年間、美容室のダンピングの兆候が非常に強いですね。

お客様の集客を目的として、手を変え品を変えオーナー様方はダンピングの方法の模索に勤しんでおります。

某フリーペーパーの戦略に見事にハマってしまっている状態です。

もうそろそろ、自分たちの持ち得るスキルの安売りはやめにしませんか??

ただ、単純にダンピングをすることをやめたとして、お客様は来店してくださるのか??

不安ですよね。

もちろん、すぐには無理だと思います。

 

まず第一に、取り組んでいただきたい事は、ご自分も含め、スタッフ全体の自力を上げることです。

お客様が料金をお支払いいただくに足る”仕事”ができるように育成することです。

これは、技術のお話ではありません。

美容師の五感を研ぎ澄ませるという習慣を身につけることです。

目で視て、耳で聴いて、鼻で嗅いで、肌で触れて、心で感じる。

お客様の満足度を上げようとするのではなく、この五感の感じるままに任せて仕事をすることです。

常にアンテナを張り巡らせておけるように訓練します。

「良く目が合いますよね~」なんて言われれば成功でしょうか(笑)

慣れてくれば、見えないところで何が行われているかも分るようになりますよ。

 

第二に、美容室独特の閉鎖感を取り除くことです。

美容室はお店ごとに料金や規模など様々です。

地域の美容室で手をつなぎ、もっと横のつながりを作ること。

お客様を独占するのではなく、共有する。

大規模なモール効果を狙っていくことが大切です。

お客様が求めているサービスを実現できる仕組みを地域や町内が手を取り合って提供する。

相互満足!!

美容室過多な現状で、美容業界がますます発展していくには一店舗の力では心もとないのです。

美容室オーナーの方々がモール効果に対して大きな一歩を踏みでしてくれることを願って、今後の動向を見守っていきたいと思います。

 

まだまだ、仕組みは色々ありますが、美容室が美容師の力でお客様に支持していただけるように私も日々勉強していきたいと思います。