シャンプー先日、テレビを見ていると…
千原ジュニアさんがこんなことを言っていました。

「美容室でシャンプーするやん。」
「そんときに、痒いとこないですか??って聞かれるけどそっちはどうなん??って思わへん!!」
「お前はちゃんと洗えてんのかい!!って思ってまうんすよ」

 

確かに!!

 

美容師としては一通り手順をこなし、バッチリ洗えている状況で聞いているわけですから
お客様それぞれの気になるところをお聞きしたい気持ちで訪ねているのですが、それが伝わっていない!!

言葉足らず!!!!

美容師にとって当たり前は、お客様にとっての当たり前ではありません。

こんな時はどうしたらいいのでしょう??

一言足せばいいだけですよね。
「全体を洗わせていただきましたが、他に…」これがホスピタリティ!!
お客様の立場で不安を感じさせない、一言。

では、なぜこの一言がないのか??
マニュアルでしか接客をしていないからです。
10年前、15年前のマニュアルで先輩が教え、教わった通りに接客をしてしまっている。

サービス業のあり方は、ここ10年で目まぐるしく変わっています。
10年前は気にならない、むしろ当たり前だと思っていたことが、現在ではありえないことに変わってしまっているということも多々あります。

サービス業として培った、サービスはもはや過去の産物!!
常に自分を『リフレッシュ&リニューアル』して成長ではなく、進化させていかないといけないな~
と思わせてくれるジュニアさんのエピソードでした。